ハワイ州立美術館でアートやカフェを満喫!

オアフ島の観光情報

ハワイ州立美術館は、オアフ島のダウンタウンに立地する “入館料無料” の美術館です。ハワイのアーティスト達による絵画、彫刻、塑像(粘土像)、陶芸品、金属の芸術品など、個性豊かな作品を思いっきり鑑賞できます。

また、同美術館に併設されているカフェ「アーティゼン・バイ・エムダブリュー」は、有名レストラン MW の姉妹店で、大変美味しいと評判です。ランチタイムになると、サラリーマンや観光客でごった返すほどの人気です。

本ページでは、ハワイ州立美術館のスバラシイ魅力に加え、付設の 人気カフェ&ショップ情報 も一挙にご紹介します。

なお、行き方については、「イオラニ宮殿&ハワイ州立美術館への行き方(バス、トロリー、Biki)」にまとめましたので、そちらをご参照いただければ幸いです。

個性あふれる作品が集結!

ハワイ州立美術館(Hawai‘i State Art Museum、略称:HiSAM)は、ホノルルのダウンタウンにある「重厚な白亜の建物」が印象的な美術館です。

2002年に「ハワイの芸術作品を保護・保存するための美術館」として開館しました。ハワイ州立文化芸術財団(Hawaii State Foundation on Culture and the Arts)が運営しています。

既述のとおり、入館料無料の美術館ですので、交通費さえあれば、気軽に足を運べます。無料と聞くと「大したことない」と思われがちですが、作品とじっくり向かい合ってみると、個性的で独創的な作品がたくさん展示されていることに気が付きます。

確かに、ホノルル美術館に展示されているような「世界的に有名な作品」とは縁遠いかもしれませんが、ハワイで活動するアーティストたちの「洗練された 質の高い作品」と接することができ、今まで出会ったことのない魅力を発見することができます。

ハワイにゆかりのある作品を満喫

“ハワイ” を感じられる作品が集結

同美術館では、ハワイ出身のアーティストやハワイにゆかりのある芸術家の作品がたくさん展示されています。ハワイとつながった作品が多く集まっているので、「ハワイの面影や姿」「ハワイの風や匂い」を感じさせてくれます。

海や島をテーマにしたような、いかにもハワイっぽい作品や、ハワイの伝統を受け継いだ正統派の作品も展示されていますが、それだけではありません。

移民が多く集まったハワイならではの「アメリカやアジアの芸術的要素を織り交ぜたハワイ特有の芸術」のような作品も展示されています。日系人の画家が残した作品も多数展示されています。つまり、掘れば掘るだけ「キラリと光る個性」を発見できるような “奥行きのある美術館” です。

また、「現代アート」の範疇に属するような先進的な絵画・芸術作品も展示されています。パッと見では ハワイと無関係な作品のように見えても、目を凝らして見ていると「どこかに “ハワイ” を感じ取れるような作品」に見えてくる、そんな芸術品も沢山あります。

これらの作品は ハワイ州立美術館 でないと観賞することができないものばかりです。他の美術館には無い、「オンリーワンなハワイアンの世界」を楽しめます。

ホノルル美術館との「はしご」も面白い!?

ハワイ州で最も有名な美術館である「ホノルル美術館」特集記事は、世界的に有名な画家&芸術家の作品などを収集・展示している美術館です。

一方、「ハワイ州立美術館」は、既述のとおり “ハワイにゆかりのあるアーティスト” の作品が集結しています。世界各国 vs ハワイ ・・・。この点で、両美術館は「対照的な特徴を持つ美術館」ともいえます。両美術館をハシゴして、その違いを見比べてみるのも面白いですね。

「白亜の建物」のプチ歴史について

ちなみに、(建物についての話ですが)ザ・バス(TheBus)などで 美術館周辺を走ると、ハワイ州立美術館 をはじめとする「ヨーロピアンな香りのする美しい建物群」に目を奪われます。

市庁舎やイオラニ宮殿などを含めたこのエリア一帯は、「ハワイ州都歴史地区」と呼ばれ、1978年に「アメリカ合衆国国家歴史登録財」に指定されています。

ハワイ州立美術館の建物は、スパニッシュ・ミッション・スタイル(Spanish Mission Style)という建築様式を採用しています。白壁 と スパニッシュ瓦 が上品な雰囲気を醸し出しています。雰囲気イイですよ。

ちなみに、元々この場所には、カメハメハ5世の指揮の下で建てられた「初代 ロイヤル・ハワイアン・ホテル」がありました(その後はYMCAや軍の施設としても使用)。

しかし、白アリの被害でその建物が傷んだため、1926年に一旦取り壊し、1928年に現在の建物に建て替えられました。現在の建物は、その建て替え後のものです。約90年前の姿を今に残していて、歴史の重みを感じさせてくれます。

イオラニ宮殿に隣接。他の観光にも便利!

同美術館は、イオラニ宮殿の隣り(方角は北側)に立地しています。このため、イオラニ宮殿へ行ったついでに立ち寄ることも可能です。

バス停 や Bikiストップ も、同じ場所を利用して下車・返却すればOKです。それくらいに近接しています。「入場料タダだから魅力なさそう… 」とお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、イオラニ宮殿とセットで観光すれば、「ついでのお得感」もアップするんじゃないかと思います。

また、乗車するバスによっては、フォスター植物園へも行けます特集記事。ホノルルの中心地なだけに、他の観光スポットへのアクセスも良好ですので、色々と組み合わせて楽しめます。

美術館1階のカフェを満喫

店名は「アーティゼン・バイ・エムダブリュー」

アーティゼン・バイ・エムダブリュー(Artizen by MW)は、2015年12月に同美術館の1階にオープンしたレストランです。

同店は、アラモアナ地区のカピオラニ・ブールバード沿いにある エムダブリュー・レストラン(MW Restaurant)の姉妹店になります。

本家のMWレストランは、次世代ハワイアン料理(ハワイアン料理を進化させた料理)を提供するお店で、ハワイと日本とアメリカを融合させたようなハイセンスな料理を提供しています。航空会社の機内食にも採用されるほどの実力です。

一方、アーティゼン by MW では、本店の洗練された味を保ちつつも、カジュアルで身近な料理に姿を変えて提供しています。カフェのようなスタイルのお店ですので、敷居も低く、気軽に入れます。注文したら番号札をもらい、呼ばれたら取りに行きます。お弁当形式で、堅苦しさはゼロです!

魅惑のメニュー(ランチ・朝食)

昼食メニューは、弁当スタイルのおかず(お肉・お魚)&ごはん、ハンバーガー&ポテト、タコス、大盛サラダ、焼肉丼、各種サンド、ケーキなど、多岐にわたります。

揚げ物や焼き肉などが詰め込まれたミックス弁当っぽいメニューもあります。なお、ご飯の代わりに そうめん が入っているお弁当もあります。

朝食メニューは、サンドイッチ、朝食弁当(ソーセージ、ベーコン、スクランブルエッグ、ライス等)、チャーハン弁当、トーストなどがあります。

ところで、ここのお弁当は かなりレベルが高いと評判です。オーナー夫妻が 日系人だからなのかもしれませんが、日本人の口にも合った絶妙な調理方法&味付けをしています。

日本人が食べても「美味しいっ」「コク旨!」と思えるメニューが揃っていますので、一度訪れてみてもいいんじゃないかと思います。

料理はプラスチックの容器に入っているので、堅苦しさも無く、気軽に楽しめます。店内でもいただけますし、近くのビジネスマンですと テイクアウトしている人も多いようです。

営業日・営業時間・公式サイト

営業日は、月曜~金曜です。営業時間は以下のとおりです。営業日・時間共に、美術館の時間帯とは異なっていますので、ご注意ください。

  • 朝 食 ・・・ 7:30~10:30
  • ランチ ・・・10:30~14:30
  • 公式サイト

なお、ランチタイムは混雑していることが多いので、なるべく早目に行くと 待たされずに注文できます。12時前くらいでしたら、スムーズに入店できます。

ショップでおしゃれなお土産を調達

美術館の中には、ヒサム・ミュージアム・ギャラリー・ショップ x モリ(HiSAM Museum Gallery Shop x Mori)というショップが入っています。

アーティスティックな小物やTシャツなどを取り揃えています。ハワイの土産物店では見かけないようなモノがあります。

営業日は月曜~土曜日 です(日曜定休)。営業時間は、月曜日・・・ 10:00~15:00、火曜~土曜日・・・ 10:00~16:00 です。

ハワイ州立美術館への行き方(アクセス)

バス、トロリー、Biki(ビキ / ビーキー:乗り捨て型自転車)での詳しい行き方(アクセス)については、「イオラニ宮殿&ハワイ州立美術館への行き方(バス、トロリー、Biki)」にまとめました。ご参照いただければ幸いです。

ハワイ州立美術館は、イオラニ宮殿の隣りにありますので、1度のアクセスで2ヵ所の観光を楽しめます。イオラニ宮殿へ行くついでに入場料無料の美術館へ立ち寄ってみるのもいいですね。

ハワイ州立美術館の基本情報

ハワイ州立美術館の基本情報・概略を掲載しました。

ハワイ州立美術館 基本情報

  正式名称 ハワイ州立美術館 (Hawai‘i State Art Museum / HiSAM)
  開園時間 10:00~16:00
  休園日 日曜日、祝日(国&州の祝日)
  入園料 無料
  他の施設 ミュージアムカフェ(Artizen by MW)、ギフトショップ
  住所 250 South Hotel St Second Floor, Honolulu, HI 96813
  代表電話番号 美術館情報(自動音声): (808) 586-0900
ビジター・サービス(火~金): (808) 586-9959
総合案内(館内の文化芸術芸術財団による案内。月~金): (808) 586-0300
  公式サイト Hawaii State Art Museum