カハラモールへの行き方・アクセス(ザ・バス, 時間, トロリー)

ハワイの交通手段

ワイキキから出発してカハラモールへ行く場合は、「ザ・バス」(TheBus)の 23番22番 のどちらかのバスに乗れば行けます。本ページでは、23番と22番バスの使い分け方法、乗降バス停、所要時間、コツ等について詳しく記載しました。

また、トロリーで行くことも可能です。会社によってルートが異なり、所要時間も異なります。トロリー各社の特徴も後半にまとめました。

なお、カハラモールのショップ情報や特色につきましては、「カハラモールのおすすめショップ」のページに詳しく記載しました。ご参照いただければ幸いです。

「ザ・バス」は乗り換えなしで行ける

ザ・バス(TheBus – 公共バス)で ワイキキ地区 から カハラモール へ行く場合、冒頭でも少し触れましたが、23番と22番バスに乗ると “乗り換えなし” で直行できます。

バスチケットの購入方法について簡単にご説明したのち、各バスの 乗り場 や 運行間隔 等を詳しく解説していきたいと思います。

バス切符の買い方

ザ・バスの運賃は、距離に関係なく、大人料金 片道 2.75ドルです。一方、ワンデー・パス(1日乗り放題の乗車券)は 大人 5.5ドル(往復料金と同額)です。

その日のうちに “別の区間も利用しそうな場合” などは、乗車時にワンデー・パスを購入しておくといいですね。ちなみに、ユース(6~17歳)のバス片道運賃は 1.25ドル、ワンデー・パスの料金は 2.5ドル です(5歳以下は無料)。

支払い方法は、現金のみです。お釣りは出ませんので、御注意ください。ザ・バスの利用方法の詳細につきましては、「ホノルル / オアフ島の交通」のページに記載しました。

23番バスでの行き方

平日は23番バスが本数も多く便利

23番の行き(往路)のバス停は、ワイキキ地区から出発する場合、「クヒオ通り沿いの各バス停」になります。

クヒオ通りの「リッツカールトンからホノルル動物園までの区間」(カライモク・ストリート以東 ⇔ カパフル・アベニュー以西)に、ダイヤモンドヘッド方面行き(カハラモール行き、東方面、海側)のバス停が5つあります(ちなみに、逆方向の アラモアナ/西行き のバス停は、クヒオ通り沿いに7つあり)。

往路(行き)は、ダイヤモンドヘッド方面(東方面、海側)のバスに乗車します。カハラモールまでの所要時間は、約20分程度です。

平日(月-金曜)は、30分~40分おきに運行していますが、週末(土・日曜)は60分~70分おきに運行しています。週末の運行本数は、カラカウア通り沿いを走る 22番バス の方が多いので、覚えておくといいですね(詳細後述)。

上のストリートビューのバス停は、アメリカン・セービング銀行 前にある「クヒオ・アベニュー+シーサイド・アベニュー」(Kuhio Ave + Seaside Ave、バス停ID: 151)ですが、クヒオ通りには、(東行き / ダイヤモンドヘッド方面 だけでも)ここを含めて7ヵ所のバス停があります。どちらのバス停でも23番バスに乗車可能です。

なお、「カハラモール到着時(往路)に 下車するバス停」および「帰り(復路)に乗車するバス停」は、23番・22番で共通していますので(同じバス停)、まとめて後述しました。そちらをご覧ください。

23番はアラモアナとカハラモールを結ぶバス

ちなみに、23番バスは、「アラモアナ・センター」と「カハラモール」間を 直接結んでいるバスです(乗り換えせずに行ける)。「お買い物三昧の1日」にしたい場合も、このバスを利用すると便利ですね。

例えば、カハラモールからアラモアナ・センターへ直行する場合は、(クヒオ・アベニューで降りずに)そのまま乗車していれば、アラモアナ・センターまで連れて行ってくれます。逆ルートの場合も同様です。

[ 参考 ] TheBus 23番の時刻表&ルート(公式)

22番バスでの行き方

22番バスも、23番バスと同様にワイキキ・エリアから「カハラモール」へ行くバスなのですが、以下の「3つの変則的な留意点」がありますので( (1)~(3) )、事前に知っておくと 動揺しないで済みます。

(1) ワイキキ発着の場合、行きと帰りで「通り」が異なる

22番バスは、ワイキキ地区から出発する場合、行き(往路)のバス停は「カラカウア通り」になりますが、帰り(復路)のバスは、「クヒオ通り」を走ります(帰路はクヒオの各バス停で下車)。

行きと帰りでルートを変えている理由はわかりませんが、カラカウア通り沿いのホテルに宿泊されている人にとっては、往路は(クヒオ通りまで歩かなくて済むので)多少 便利ですね。バスでの所要時間は、往路・復路ともに 約20分 程度です。

(2) 週末は 22番バスの方が本数多い!

平日(月-金曜)の運行間隔は約1時間おき(午前9時台と午後3時台は40分に1本あり)ですが、週末(土・日曜)、逆に本数が多くなって 30分~40分おき に運行されています。

「土日は 22番バス の方が 運行本数が多いので便利」と覚えておくといいですね。このバスは、ハナウマ湾などにも行きますので、「観光客向けの路線」として運行されているのかもしれませんね。

ただし、この22番バスは23番バスと異なり、アラモアナ方面へは行きませんので、カハラからアラモアナへ引き続き行きたい場合は、クヒオ通りの各バス停で「8、19、20、23、42番」のバスに乗り換えるようにしてください。

(3) カラカウア中心エリアの22番バス停は 2ヵ所のみ!

(往路の)カラカウア通り沿い(繁華街エリア)のバス停の間隔は、少し開いていて、しかも2ヵ所しかありません。

一つ目は、ロイヤル・ハワイアン・センター C館 前(バス停名:Kalakaua Ave + Opp Seaside Ave。バス停ID: 4348、Google地図 )です(上の Googleストリートビューのバス停)

もうひとつは、エッグスン・シングス前(バス停名:Kalakaua Ave + Opp Uluniu Ave。バス停ID: 4349、Google地図 )です。

クヒオ通り沿い・カハラ行きの 23番のバス停 が「5ヵ所」もあることを考えると、バス停の間隔がかなり開いていることが分かりますね。

[ 参考 ] TheBus 22番の時刻表&ルート(公式)

カハラモールの下車バス停&乗車バス停について

カハラモールで下車するバス停(往路)

カハラモールで下車するバス停(行きに下車するバス停)は、23番も22番も「キラウエア・アベニュー+マカイワ・ストリート」(Kilauea Ave + Makaiwa St、バス停ID:251)になりますGoogle地図

© OpenStreetMap

道路を挟んだ向かい(進行方向の左側)に「ハワイ銀行」(Bank of Hawaii)と「カハラモールの2階建て駐車場」が見えますので、それを目印にするといいですね。

ご心配な方は、運転手さんに「I want to go to Kahala Mall.」とか、「I would like to get off Kahala Mall.」と伝えておくと、(憶えていてくれれば)教えてくれます。

ここのバス停を おすすめする理由は、ズバリ 目の前に横断歩道があり、そこを渡ってカハラモールへ行けるからです。

ハワイでは、横断歩道のない場所を渡ると(ジェイウォーキングすると)、罰金130ドルが科せられます(参考:ジェイウォーク特集記事。このため、必ず(信号も守りつつ)横断歩道を渡るようにしましょう。

ちなみに、次のバス停は メイシーズ前(道路を挟んだ向かい)になります(参考:Googleストリートビュー)。前のバス停で降りそびれた場合は、ココで下車しましょう。

このバス停で下車する場合も(少し大回りになりますが)、バス停北側の横断歩道(高架橋下の横断歩道)を渡るようにしてください。

カハラモールから乗車するバス停(復路)

カハラモールからワイキキに戻る場合(復路)のバス停は「キラウエア・アベニュー+ワイアラエ・アベニュー」(Kilauea Ave + Waialae Ave、バス停ID: 218)が便利です。

目の前にメイシーズとスターバックス(上のストリートビューは スタバ店舗建設前の写真。正面の白いバンの向こう側に立地)がある、「屋根付きのバス停」になりますので、すぐに判別がつきます。

© OpenStreetMap

23番、22番ともに、ワイキキ周辺に着いたら、クヒオ通り沿いの「(任意の)降りたいバス停」で下車すればOKです。

トロリーでの行き方

基本的に、トロリー各社は料金が割高である一方、運行間隔や所要時間など、「料金に見合うメリットをやや見出しづらい面」があります。

ただし、日本語でバス停を案内してくれること、他の観光スポットもルートに組み込んでいること、「1週間のパッケージ料金」などであれば金銭的にも緩和されてくることなど、それなりのメリットも生まれてきます。以下に代表的な3社をご紹介します。

レアレアトロリー

H.I.S. のレアレアトロリー(LeaLeaトロリー。HIS、ANAハローツアーの一部、トロリーチケット購入者が対象)を利用される場合は、「カハラモール/ワイキキ近郊・ライン」に乗ります。ワイキキを出発してカハラモールへ行き、再びワイキキに戻るコースです。運行間隔は 50分おき、1周 約50分です。

往路(行き)
出発地は、カラカウア通りの「ロイヤル・ハワイアン・センター」です。その後、「デューク・カハナモク像」を通って「カハラモール」まで行きます。行き(往路)の所要時間は、約19分です。

復路(帰り)
カハラモールから帰る場合、ワイアラエ通り、レナーズ(マサラダ – 揚げドーナツの店)の前、アラワイ運河沿いを走り、ロイヤル・ハワイアン・センターまで戻ります。所要時間は、約31分です。

同トロリーのメリット
レアレアトロリーのメリットは、「行きの所要時間が 公共バスと同じくらいであること(所要19分)」「KCCファーマーズ・マーケットを通ること」「帰りにカフェ・カイラ(バス停名はマーケットシティ)の近くに停車すること」「帰りにマサラダの有名店であるレナーズや、スーパーのセーフウェイの前に停車すること」などがあります。利用価値は高そうですね。

[ DATA ]
レアレアトロリー:カハラモール/ワイキキ近郊・ライン

オリオリウォーカー

オリオリウォーカー(OLI OLI ウォーカー)は、「ルックJTB」の申込者のみが利用できる特典です。ダイナミックJTBの申込者は利用できません。

カハラルート」のバスに乗れば、カハラモールまで行けます。運行間隔は60分おき、始発の「Tギャラリア by DFS」からの所要時間は約28分です。

往路(行き)
ワイキキから出発する場合、始発の「Tギャラリア by DFS」からの所要時間は28分、「デューク・カハナモク像」からの所要時間は24分です。目的地のバス停名は「カハラ・モール」です。

復路(帰り)
カハラモールから帰る場合、「Tギャラリア by DFS」までの所要時間は、24分です。

同トロリーのメリット
「往路・復路ともに カフェ・カイラ(バス停名はマーケットシティ)の近くに停車すること」「レナーズやセーフウェイの前に停車すること」などのメリットがあります。こちらもレアレア同様に利用価値は高そうですね。

[ DATA ]
オリオリウォーカー:カハラルート

ワイキキトロリー

ワイキキトロリーは、グリーンラインとブルーラインの2路線がありますが、「基本的にグリーンラインを利用する」と覚えておいた方がいいですね。。

ちなみに、グリーンラインを利用する場合は、”Tギャラリア・ハワイ” を出発点としますと、カハラモールまでの所要時間は43分、帰りはTギャラリアまで所要27分程度です。運行間隔は、約35分おきです。

ブルーラインを利用する場合は、同じく Tギャラリア・ハワイ を出発点としますと、カハラモールまでの所要時間は約1時間前後(途中、3ヵ所で景色観賞や写真撮影のため停車)、帰りは所要20~25分です。1日3本のみの運行ですので、カハラモール行きとして利用するのには、少々難がありそうですね。

なお、ワイキキトロリーは、各ラインごとのチケット代が高いので、例えば「7日間乗り放題・ファミリーパッケージ」などのチケットを購入されると、利用価値が生まれてきます。