ハワイでジェイウォーク(斜め横断)すると罰金130ドル!

ハワイ - 旅の基本情報

ジェイウォーク(Jウォーク)という言葉を聞くと、「何も言えなくて…夏」(1991年)の曲を歌った 音楽グループ THE JAYWALK(ジェイウォーク)を思い浮かべる方もいらっしゃると思います。…ちょっと話が古すぎましたね。今回は「最新の道路横断のルール」(法律)のお話をします。

罰金なんと130ドル!

ハワイ州では、横断歩道のないところで斜め横断(=ジェイウォーキング)すると、なんと罰金130ドルが科せられます(州法による罰則)。赤信号を渡るのも(信号無視)、Jウォークと同じ扱いです。

つい数年前は55ドルだったのに、70ドル、130ドル … 。交通事故件数が増える一方で、ルールを守らないジェイウォーカー が後を絶たないので、金額がどんどん上がっています。

この $130 は、もちろん 1人当たりの罰金 です。家族3人でジェイウォークすれば、130ドル×3=390ドル家族5人なら 650ドル。「罰金があるから違反しない」ということではありませんが、気を付けたいところです。

つまり、「ちょっとぐらい・・・」の気持ちが大変な事態(交通事故や罰金)を引き起こしますので、必ず横断歩道まで行ってから渡るようにしましょう。

見張り率の高い場所(私見)

街角には、制服を着た警官が監視しているのはもちろんですが、私服警官(制服を着ていない)も見張っているそうです。見た目だけじゃ判断できません。また、巡回しているパトカーに取り締まられることもあるようです。

ルールを守りさえすれば、何もビクつくことはありませんが、そうはいっても、ある程度のアンテナは張っておきたいものです。巷で “取り締まりが多い” とささやかれている場所を挙げてみます。

まず、ワイキキアラモアナといった「観光客がごった返しているエリア」です。警官も観光客だけをターゲットにしているわけではありません。とはいえ、私達日本人を含め、やはり自国の感覚で行動しがちですから、「観光客エリアは、交通の秩序が乱れやすい」というのは 確かにあると思います。

次に、カイルアカカアコ といった「街も開けていて、観光客も増えてきているエリア」です。カイルア・タウンは、少し前から観光客が激増しています。また、カカアコは、人気のレストランなど、最新流行のホットスポットになっています。警官の目がキラリと光っています。ご注意を。

そして、ダウンタウンのなかでも 特に「官庁街」のエリア、こちらも要注意スポットです。この周辺は、車のスピードも比較的速く、昔も今も事故が多発している地域です。そのため、警官もピリピリして見張っているとのことです。観光スポット絡みで申しますと、「イオラニ宮殿」や「ハワイ州立美術館」などが立地している場所です。

これらは、あくまでも一例です。車が走っていない道路でも、警官に見つかれば、その場で取り締まられます。ちなみに、警察が叫んできたら(拳銃を持ってますので)とりあえず言うことを聞いたほうが無難です。

信号点滅後の歩行もNG

歩行者用の信号が点滅し始めてから横断歩道を渡った場合も、信号無視と同じ扱い(取り締まりの対象)になります。日本国内ですと、時々やってしまいがち!?ですが、確かにこれも「それなりに危ない行為」ですので、違反切符を切られても仕方がないですね。

ちなみに、ハワイでは、「歩行者信号の点滅後など、歩行者が完全にいなくなったら、その隙に左折する」(日本でいうところの “右折”)というルールになっています。

日本も同様に「歩行者が完全に渡り切ってからでないと走行してはいけない」ことになっていますが、ハワイではそのルールがより厳格化(車と歩行者の双方のルールが厳格化&厳罰化)されています。

歩行者信号が点滅してからも するずると横断されたら、(交差点によっては)いつまでたってもクルマが左折できない状態になってしまいます。ご注意ください。

押しボタン式信号が多い

ホノルルでは、「押しボタン式の信号」が結構あります。ボタンを押さないと、待てど暮らせど青になりませんしびれを切らして赤信号を横断することの無いよう、しっかり押しましょう!ちなみに、反応が悪そうなボタンは、2~3回押しておくと安心ですね。

なお、「ホノルルでは 押しボタン信号の先頭に立つ人が既に押している」のが常識になっています。アナタがたまたま先頭になって、うっかり押していないと、他の歩行者からブーイングを受けます。「ボタン押してないのに、みんな青になるのを待ち続ける」という、どっかのコントみたいな事態になります。ご注意ください。

「道路横断中の歩きスマホ」も違反の対象

歩行中に関する法律(ホノルル市郡の条例)をもうひとつお伝えします。

2017年10月に市郡の条例が改正され、「道路横断中に歩きスマホ」をした場合は、罰金が科せられることになりました。ご注意ください。

厳密には、スマートフォンだけでなく、ゲーム機、タブレット、ポケットベル?、ノートパソコン(ラップトップ)、デジカメなども対象になります。景色に見惚れて「横断中に スマホで街並みを撮影」も完全にアウトです。

罰金は、1回目の違反で 15ドル~35ドル、1年以内に2回目の違反をしたら 35ドル~75ドル、3回目の違反で75ドル~99ドル になります。最大で500ドルまで罰金が科せられるそうです。

ただし、緊急電話番号(911)への電話は処罰の対象外で、また イヤホンを付けながら(視線を下に落とさず)横断歩道を渡るのは違法行為になりません。

ここ最近、ホノルルでは歩行中の交通死亡事故が激増しているため、車と接触するリスクの高い「道路横断中」の行為を規制することにしたそうです。

ジェイウォーキングの由来

ジェイウォークの話に戻ります。ジェイウォーキングの「Jay」(ジェイ)とは、「田舎者お上りさん、素朴、馬鹿、ま〇け、だまされやすい人」を表すスラング(俗語)です。大元は、古フランス語(後期ラテン語)の Gaius / Gaia で、この言葉が変化したものらしいです。

昔は「田舎から出てきたばっかりで、信号の存在を知らないで信号無視する人」のことを Jay(ジェイ)といったり、「道路の反対車線を馬車や自動車で走らせる人」のことを Jay-drivers(ジェイドライバー)と言ったりしていたそうです。

アメリカでは『 ing 』を付けて「ジェイウォーキング」(Jaywalking)という言い方が主流になっています。日本では、冒頭のバンド名の影響もあってか、” Jウォーク”(ing を付けない)と表現されたり、イギリスでも ing を付けない言い方をする場合もあるようです。

ちなみに、「突然方向を変えてくるっと曲がる様子が『アルファベットの J 』の字形に似ているから」との説があるようですが、おそらく これは日本人がオリジナルで考えた「後付けの理由」だと思われます。

参考:他の都市/他国の取り締まり状況

アメリカでは、大半の都市(州)で「ジェイウォーキング」(Jウォーク)に関する法律があるようなのですが、実際に「見つけたら その場で違反切符!」という都市は あまりなく、ホノルルやアトランタなど、ごく一部の都市に限られているようです。

イギリス(イングランド、ウェールズ、スコットランド地方)では、高速道路などの自動車専用道路を除き、歩行者が道路を横断することについての規制は特に無く、『個人の責任』と捉えられているそうです。

一方、カナダでは、トロントやモントリオールなど、各自治体レベルで規制しているそうで、罰金も15ドル~700ドルまで幅があるようです。