マノア滝でマイナスイオン&森林浴!

オアフ島の観光情報

本ページ(3ページ目)では、「服装・準備について」「滝壺での注意事項」「その他の禁止事項」「基本情報」についてお伝えします(1ページへ戻る2ページへ戻る)。

服装・準備について

(1) 靴について

まず、「靴」についてお話しします。マノアの滝の散策路(トレイル)は、足場が悪く、地面も湿っていて、ぬかるみ が所々にあるほか、滑りやすい箇所 もありますので、サンダルではなく、地面をしっかり踏み締められる「スニーカー」や「運動靴」などを履いていくことをおすすめします。

アメリカからお越しの方々は、サンダルやつっかけをパタパタさせながら歩いている猛者もいらっしゃいますが、泥は跳ねるし、滑りやすいし・・・で、あまりイイことはなさそうです。ズッコケて全身泥だらけ、転倒で強打して病院通い、なんてことになるのも辛いですね。

汚れたらすぐ洗える、滝で水遊びできる、といったメリットから、「アクアシューズ」で行くという方法もあります。ただし、アクアシューズは足元の悪い山道を歩く目的で作られていないので(泥や砂が入りやすい、長距離歩きに不向き、足のくるぶしが痛くなる etc.)、靴擦れやケガをする原因にもなります。アクアシューズに慣れていない方は、普通の靴で歩いたほうが無難です。

(2) 蚊よけ対策

次に、「蚊よけ対策」についてお話しします。マノアの森の中は、湿度、木陰、気温など、蚊が過ごしやすい環境です。「蚊よけスプレー」や「虫よけパッチ」などを使用して、蚊が近づきにくいようにしておきましょう。スプレーが苦手の方は、長ズボンを履くなど、”肌を覆う対策” をしておくといいですね。

(3) タオル、汚れ取り

また、汗拭き用のタオルや、泥汚れを拭き取るウェットティッシュ、汚れ物を入れる袋(ごみ袋)などもあると便利です。雨が降る日は、結構泥がハネますので、ティッシュがあると助かります。

(4) 雨ガッパ

マノア周辺ではよく雨が降るので、「携帯用の雨ガッパ」などを持参するのも悪くないと思います。海岸付近では雨が降っていなくても、この周辺はよく雨が降ります。その雨が集まって、滝を形成しているわけなのですが、とにかく よく雨が降ります。ちなみに、午前の方が雨が降りやすいようです。

(5) 飲み物

脱水症状・熱中症などが心配な方は、入口売店などで 飲み物 を買っていくといいですね。ただし、木々に覆われていて、ダイヤモンドヘッドのような暑さではないので、あまり神経質にならなくても良いと思います。

滝壺での遊泳は「自己責任…」

滝に到着後、滝壺にザブーン・・・といきたいところですが、現在、滝壺での遊泳は “事実上禁止” されています。最初は事故防止のためかと思っていたのですが(溺れる、落石、転倒 等)、それだけではなさそうです。滝壺の水質が良くないからだそうです。

滝壺脇の看板に「  WARNING! LEPTOSPIROSISHEALTH HAZARDFresh water streams and mud possibly polluted with bacteria. Swim or hike at your own risk. 」と書いてあります。

直訳すると、「警告 – レプトスピラ症 – 健康被害の恐れあり – 新鮮な水流と泥は、おそらくバクテリアで汚染されています。遊泳・ハイキングはご自身の責任でお願いします。」となります。

ネズミや他の野生動物が運んでくる病気「レプトスピラ症」は、軽症の場合は 風邪のような症状 で済むそうですが、重症化すると全身で出血して、重症化患者のうち5~50%が死亡する… という恐ろしい病気だそうです。「山から染み出てくる清流はキレイ。天然水・・・。」というイメージがありますが、そんなことはなさそうです。

レプトスピラ症を引き起こすスピロヘータ自体は、亜熱帯の沖縄にも存在する常在菌だそうで、マノアの滝に限った話ではないようです。しかし、マノアの滝壺の水は、水温が高く、流れが乏しく、ウイルスや菌が増殖しやすい環境にありますので、注意が必要です。

過去のデータでは、ハワイ州での「河川での感染症による死亡」は、10年に2件程度だそうです。アメリカの旅行客など、平気で浸かって ジャブジャブ泳いでいる人もいます。そう神経質にならなくても・・・と戸惑う気持ちもあろうかと思いますが、やはり個人的にはおすすめできないです(ご自身の責任・管理の下でご判断ください)。

その他の禁止事項

同トレイル内では、「喫煙禁止(禁煙)」「飲酒禁止」「自転車走行禁止」「植物・石などの採取禁止」「火の使用禁止」「ごみ捨て禁止」となっています。とりあえず、普通に守れる範囲内の禁止事項かと思われますが、心の片隅にでもとどめておくといいですね。

マノア滝の基本情報

「マノアの滝」の入園時間、駐車場料金、売店情報、ホームページアドレスなど、基本的な情報を以下に簡単にまとめました。


マノア滝 基本情報

  施設の正式名称 マノア・フォールズ・トレイル (Manoa Falls Trail)
[ハイキング・コースの名称です。渓谷の総称は マノア・バレー (Manoa Valley)、滝の名前は マノア・フォールズです。]
  開園時間 日の出~日没まで
駐車場を管理する売店の営業時間が8:00~18:30なので、この時間帯が事実上の開園時間。
  休園日 特になし
  入園料 無料
  駐車場料金 1台 5ドル
  ショップ等 Rainbow’s End Snack Shop
(軽食、ドリンク 8:00~18:00)
Na Makana at Paradise Park
(土産、ハワイ関連書籍 9:00~18:30)
Treetops Restaurant
(レストラン 11:00~15:30)
  トイレ 2ヵ所あり
(駐車場手前の売店トイレと、トレイル入口の数十メートル先の2ヵ所。売店トイレは営業時間内のみ使用可)
  公式サイト Manoa Falls Trail