ラニカイ・ビーチの魅力

ハワイの観光情報

ラニカイ・ビーチは、「オアフ島で一番美しいビーチ」と言われているビーチです。オアフ島のウインドワード(カイルア地区)にあります。

ウインドワードには、カイルア・ビーチ、ワイマナロ・ビーチ、カネオヘ・ベイ などの美しいビーチがありますが、その中でもラニカイ・ビーチは とびきりの美しさです。

ラニカイ・ビーチの魅力

ラニカイビーチは、高級住宅が建ち並ぶモクルア・ドライブ(道路)の奥にあります。住宅の隙間の小道を通り抜けると、「エメラルドグリーンターコイズブルーに輝く海」と「真っ白な砂浜」が目の前に広がっていて、息をのむほどの美しさに圧倒されます。

浜辺に近づいて足元を見てみると、透き通った海水と、きめの細かいサラサラの砂が目に映ります。波打ち際の柔らかい波音も耳に入ってきて、本当に癒やされます。ワイキキ・ビーチ や クヒオビーチとは、全く印象が違います・・・。

心に沁みわたる絶景なので、思わず手元のスマホやカメラで写真を写したくなる衝動に駆られます。実際に、浜辺には写真を撮っている観光客や、絵を描いてる人がいます。これほどの美しさなので、「記憶だけでなく、記録にもとどめたくなる」というのも うなずけます。

「ラニカイ」の意味は?

ハワイ語で「ラニ」は天国、「カイ」はのことを指します。つまり、ラニカイは「天国の海」という意味になります。ラニカイ・ビーチに実際に足を運んで、”この世の天国” を味わってみるのもいいですね。

また、ラニカイ・ビーチの沖には「モクルア」と呼ばれる双子の島が浮かんでいます。左側の島が「モクヌイ」、右の島が「モクイキ」という名前です。モクは島の意味で、ヌイは大きい、イキは小さい、ルアは2つという意味になります。

つまり、沖合に2つの島(モクルア)があり、大きい島(モクヌイ)と小さい島(モクルア)が浮かんでいる、ということですね。これらの島が、ラニカイ・ビーチの「景色のアクセント」となり、絶景を作り出しているといえます。

トイレが無い!(設備の状況)

ラニカイ・ビーチは公共のビーチではあるものの、公園のように整備されていないので、「トイレ」がないだけでなく、「シャワー脱衣所」、「飲食施設&売店」などもありません。

また、前述のとおり、駐車場も無いので、レンタカーで行く場合は「カイルア・ビーチ・パーク」の駐車場に停めておきましょう。同パークには 脱衣所 もあるので、そこで着替えてくる方も多いようです。付近にレストラン等は無いので、脱水症状にならないよう 予めペットボトルのドリンクくらいは 携帯していくといいですね。

また、同ビーチにはライフガード(レスキュー)がいませんので、遊泳の際は 十分な注意 が必要です。風も強い地域なので、沖に流されたら戻ってこれません(大げさかもしれませんが、その可能性あり!)。このため、「安全な範囲内の水遊び、砂遊び」程度にとどめておく方が無難です。特に、お子さんの行動には注意が必要ですので、必ず目を離さないようにしましょう。

ビーチ への行き方

ラニカイ・ビーチへの行き方については、「カイルア&ラニカイビーチへの行き方」に詳しく記載しました。ご参照いただければ幸いです。

ちなみに、TheBus で行く場合は、ワイキキから一旦 アラモアナ・センター まで行き、そこで 57番 などのバスに乗って カイルア・タウン へ行きます。そこから、「70番のバス」or「徒歩」or「レンタサイクル」のいずれかの方法で ラニカイへ向かいます。

レンタカーで行かれる場合は、カイルア・ビーチパークの公共駐車場に停め、そこから「徒歩」「レンタサイクル」でラニカイへ行きます。

ワイキキからのルートマップ

ワイキキ(ホノルル市街地)から行くルートは、以下の地図で確認できます。右下の「+」をクリックすると、バス停のマークも表示されます。