ラニカイ・ビーチの魅力

ラニカイ・ビーチは、「オアフ島で一番美しいビーチ」と言われているビーチです。オアフ島のウインドワード(カイルア地区)にあります。

ウインドワードには、カイルア・ビーチ、ワイマナロ・ビーチ、カネオヘ・ベイ などの美しいビーチがありますが、その中でもラニカイ・ビーチは とびきりの美しさです。

ラニカイ・ビーチの魅力

ラニカイビーチは、高級住宅が建ち並ぶモクルア・ドライブ(道路)の奥にあります。住宅の隙間の小道を通り抜けると、「エメラルドグリーンターコイズブルーに輝く海」と「真っ白な砂浜」が目の前に広がっていて、息をのむほどの美しさに圧倒されます。

浜辺に近づいて足元を見てみると、透き通った海水と、きめの細かいサラサラの砂が目に映ります。波打ち際の柔らかい波音も耳に入ってきて、本当に癒やされます。ワイキキ・ビーチ や クヒオビーチとは、全く印象が違います・・・。

心に沁みわたる絶景なので、思わず手元のスマホやカメラで写真を写したくなる衝動に駆られます。実際に、浜辺には写真を撮っている観光客や、絵を描いてる人がいます。これほどの美しさなので、「記憶だけでなく、記録にもとどめたくなる」というのも うなずけます。

「ラニカイ」の意味は?

ハワイ語で「ラニ」は天国、「カイ」はのことを指します。つまり、ラニカイは「天国の海」という意味になります。ラニカイ・ビーチに実際に足を運んで、”この世の天国” を味わってみるのもいいですね。

また、ラニカイ・ビーチの沖には「モクルア」と呼ばれる双子の島が浮かんでいます。左側の島が「モクヌイ」、右の島が「モクイキ」という名前です。モクは島の意味で、ヌイは大きい、イキは小さい、ルアは2つという意味になります。

つまり、沖合に2つの島(モクルア)があり、大きい島(モクヌイ)と小さい島(モクルア)が浮かんでいる、ということですね。これらの島が、ラニカイ・ビーチの「景色のアクセント」となり、絶景を作り出しているといえます。

ビーチ への行き方

ラニカイ・ビーチへは、ザ・バス(TheBus)を利用していく方法や、自力でレンタカーを使って行く方法などがあります。いずれの方法で行く場合も、とりあえず ラニカイ・ビーチの手前の町である「カイルア」の中心まで行きます。

バスの場合は、70番のバスに乗り換えるか、レンタサイクルを借りて行くことになります。車の場合は、カイルアビーチの駐車場に停めて徒歩、又はレンタサイクルで行くことになります。

バスやレンタカーでの行き方の詳細は 次項以降 でご説明しますが、いずれかの手段で「モクルア・ドライブ」(Mokulua Drive)という道路に到着したら、あとはビーチへ行く小道のいずれかを通り抜れば 到着です(モクルア・ドライブは、住宅を挟んでラニカイビーチと並行に走る一方通行の道路です)。

ビーチへ行く小道は 11本 あります。「Ocean Access 5」を通る人が多いようですが、4、6、7、8、9、11など、通れそうな道ならどこの小道でもOKです。

rectangle-l
rectangle-l

フォローする