カイルア&ラニカイビーチへの行き方

ハワイの交通手段

本項では、「カイルア・ビーチパーク」と「ラニカイ・ビーチ」への行き方について ご紹介いたします。カイルアビーチ&ラニカイビーチへのアクセスは、9割方 同じです。ラニカイは、一旦 カイルア・ビーチまで行った後、そこから行程を少しプラスすれば たどり着けます。

1ページ目(本ページ)では「TheBus(ザ・バス)での行き方」を、2ページ目では 「レンタカーでの行き方」 を 詳しくご説明します。

TheBus(ザ・バス)での行き方

TheBus(ザ・バス)で行く場合は、アラモアナ・センター裏手のバスターミナルが出発点になります。ワイキキのクヒオ通り沿いを走る 819202342  のいずれかのバスに乗れば、アラモアナのバスターミナルへ行けます。

そして、アラモアナから 57 番57A 番56 番 のバスで カイルア・タウン(カイルアの市街地)まで行きます(ワイキキ ⇒ アラモアナで乗り換え ⇒ カイルアタウン)。

57 57A 番56 番 の始発となるバス停は、アラモアナセンター 山側(北側)の「Kona St + Opp Keeaumoku St」(バス停ID: 426)になります(下のストリートビュー参照)。この始発バス停から乗った方が、座れる可能性は高くなります。海側から乗ると、ココで乗った先客が既に座っています。乗車時間は約40分。座るチャンスを狙いたい場合は、憶えておくといいですね。

57、57A、56番 のバスで カイルア・タウン に到着したら、 70  のバス 🚌 に乗り換える、 レンタサイクル 🚴 を利用する、 徒歩 👬 で行く ・・・ のいずれかの方法(三択!)で カイルア・ビーチパーク や ラニカイ・ビーチ へ向かいます。

「① 70 番 のバス 🚌」は、1.5時間に1本くらいの運行間隔です。乗り継ぎのタイミングが合わないと、かなり待たされますが、タイミングが合えば2つのビーチへ ラクに移動できます。

「② レンタサイクル 🚴」は、カイルア・タウンの周遊や 2つのビーチ までの交通手段として活用できます。

「③ 徒歩 👬」は、タウンから カイルア・ビーチ まででしたら、20分ほどで行けますので、これも選択肢のひとつに入れてもOKだと思います(ラニカイは徒歩40分なので、酷暑の中では困難)。

以下に、個別にご紹介していきます。

57番、57A番 バス下車 ⇒ 70番バス で行く方法

まず最初にお話ししておきたいのですが、70番のバスは 本数が少なく約1.5時間おき 運行間隔となっています。このため、乗り継ぎのタイミングが悪いと 時間を無駄にしてしまう可能性があります。バスが来るのを待っている間に レンタサイクルや徒歩でビーチまで行けちゃいます。このため、乗り継ぎがうまく行く場合にのみ 利用されることをおすすめします(各ビーチまで レンタサイクル or 徒歩 で行く方法は後述)

・・・ということで、「57、57A 番 ⇒ 70番 バスへの乗り継ぎ方法」をご紹介します。アラモアナのバスターミナルでは、57 番、57A 番 のバスに乗ると、カイルアの町へたどり着けます。

ホノルルの市街地を離れ、「まばらに住宅が建つエリア」を通り過ぎると、「道路両脇に 林や森 だけ広がるエリア」に突入します。しばらくすると、急に市街地が現れ、「マウナウィリ(Maunawili)のタウン」(小規模な街)に入ります。

マウナウィリを通過して、再び「林&森 エリア」を通ったのち、また建物や店舗の駐車場などが現れ始めます。そうなったら、ようやく「カイルア・タウンに到着」です。

・・・と、文字で書いても、すごく わかりにくいかと思います。不安な場合は、バスの運転手さんに「カイルアに行きたい、カイルアで降りたい」ことを伝え、あわせてカイルアはどれくらいで着くかも尋ねておきましょう(自分たちの存在を運転手さんの記憶に刷り込んでいただきましょう!)。

降りるバス停ですが、カイルア・タウン に入って(川の)橋を渡った直後のバス停Kailua Rd + Hamakua Dr」(カイルア・ロード+ハマクア・ドライブ)で下車すると、70 のバスに乗り換えられます(下の地図参照)。アラモアナ から 当該バス停 までの所要時間は、だいたい 40~45分 くらいです。

なお、「57番、57A番のバス」と「70番のバス」のルートは、一部の区間で重なっています。このため、前述のバス停だけでなく、その先の3つのバス停「Kailua Rd + Opp Oneawa St(57&57A)、「Kailua Rd + Hahani St(57&57A)、「Kailua Rd + Aoloa St(57のみ)でも70番のバスに乗り換えられます。

70番のバスルートについて

70番 (LANIKAI 行き)のバスルート(運行区間)は、(マウナウィリ内陸部 ⇒ マウナウィリ市街地 ⇒ )カイルア・タウン から カイルア・ビーチパーク を通り、その後 アアラパパ・ドライブ(道路)を経て 海岸沿いの モクルア・ドライブ(道路)に入り、ラニカイ・ビーチ の近くを通って また カイルア・タウン( ⇒ マウナウィリ市街地 ⇒ マウナウィリ内陸部)に戻るルートです。

70番バスの カイルア・ビーチパーク の最寄りのバス停 は「Kawailoa Rd + Opp Kailua Beach Park」になります(同ビーチパークの駐車場入口付近に停車)。

ラニカイ・ビーチ へ行く場合は、モクルア・ドライブ(Mokulua Drive。道路の名前)沿いにある「Mokulua Dr + Opp Haokea Dr」か「Mokulua Dr + Opp Kaelepulu Dr」のいずれかのバス停で下車すると便利です。

70番バスは「70 LANIKAI」行き の表示を確認

70番のバスは、57番バスと同じ進行方向を走っている「LANIKAI」行きのバスに乗車すると、カイルア・ビーチやラニカイ・ビーチへ行けます。

帰りの70番バス ⇒「70 MAUNAWILI」に乗車

帰路の話ですが、帰りに 70番のバスに乗る場合は、「70 MAUNAWILI」行きの表示を確認して乗車してください。

57、57A、56番 のバスに乗り換える際に下車するバス停は、できれば カイルア・タウン内のバス停(前述のバス停)にしておくと無難です。

仮に、カイルアタウンで降りそびれたとしても、マウナウィリの市街地までは 57、57A、56番 のバスと同一ルートを走っているので、そこまでには必ず下車して乗り換えるようにしましょう。

ちなみに、70番バス にずっと乗り続けると、その後はマウナウィリのタウンを経て マウナウィリの山奥方面へと行ってしまいますので、ご注意ください。

参考:「70 MAUNAWILI VIA MCBH」について

70番のバスで「MAUNAWILI VIA MCBH」(マウナウィリ行き、海兵隊の基地を経由)行きのバスが 時々走っています。

このバスは、カイルアビーチとラニカイビーチの中間あたりのバス停 を出発点とし、ラニカイ・ビーチのエリア をぐるっと回り、カイルア・ビーチへ行き、その後は 北方の MCBH(海兵隊の基地)をぐるっと回ってから、カイルア・タウン へ行くバスです(終点はマウナウィリ。参考:Moovitによる案内図)。

カイルアタウンへ戻る直前にぐるっと遠方(海兵隊の基地方面)を走りますので、30分弱の時間のロスを生じます。

70番バスで ラニカイ&カイルア・ビーチ から カイルア・タウン へ戻る時にこのバスを見かけることがあります。つまり、ラニカイからカイルア・タウンへ戻る際は、「MAUNAWILI」行きと「MAUNAWILI VIA MCBH」行き の両方が走っていますので、時間短縮のためにも「70 MAUNAWILI」の表示が出ているバス(MCBHの表示が無いバス)を選ぶようにするといいですね。

56番バス下車 ⇒ 70番のバスで行く方法

アラモアナのバス停から 56番 のバスに乗っていくことも可能です。ただし、70番のバスに乗り換えることができるのは、(57番のバス停としてもご紹介した)カイルア・タウン の橋を渡った直後のバス停「Kailua Rd + Hamakua Dr」(カイルア+ハマクア)か、カイルア・タウンに入る前のバス停(マウナウィリ市街地の各バス停)になります。

57番のバスが「カイルア+ハマクア」を過ぎた後に右折ルートを通るのに対し、56番のバスは左折のルートを通りますので、必ずこの「カイルア+ハマクア」(もしくはその手前のバス停)で下車するようにしてください。

バス停下車 ⇒ レンタサイクルを借りる方法

既述のとおり、カイルアでは、「57番、57A番、56番のバス」から「70番のバス」に乗り換えていくことが可能です。ただし、70番のバスの本数があまり多くありませんので、乗り継ぎがうまくいかない場合も想定されます。

このため、小さな橋を渡ったすぐ先にあるバス停「Kailua Rd + Hamakua Dr」(カイルア・ロード+ハマクア・ドライブ。57、57A、56)などで降りて、付近のレンタサイクル店 (←各店のクチコミあり)で 自転車 を借り、そこから カイルアビーチ や ラニカイビーチ まで行く、という方法も選択のひとつに入れておくと安心です。

おすすめのレンタサイクル店を2つご紹介します。まず一つ目ですが、「カイルア+ハマクア」のバス停の 目の前 に立地する「The Bike Shop Kailua」(ザ・バイクショップ・カイルア)という 自転車店 兼 レンタサイクル店 です(”バイク”=”自転車” の意味)。Googleマップ記載のクチコミ評価は良いようです。ママチャリ風の自転車なら、1日20ドルで借りられます。

2つ目は、「Kailua Rd + Hahani St(57、57A)のバス停の近くにある「Pedego Electric Bikes Kailua」(ペデゴ・エレクトリック・バイクス・カイルア)です。ここも評判は良いようです。店名のとおり、電動自転車をレンタルできます。値段は高めですが、登り坂などは負担なく移動できます。なお、上記サイトに日本語の紹介動画が掲載されています(ページ下部までスクロール)。

ちなみに、現地に行って借りようと思ったら、レンタル料の高い自転車しか残っていなかった、ということもありえますので、心配な方は 事前に レンタサイクル店のホームページで予約するのもいいかもしれませんね。

バス停下車 ⇒ 徒歩で行く方法

「レンタル自転車はイヤなので、バス下車後、カイルア・ビーチ・パークまで歩いていきたい」という方は、57番のバス停「Kailua Rd + Aoloa St」(カイルア・ロード+アオロア・ストリート)のバス停で下車すると、徒歩 約20分程度(1.5km)で到着します(両ビーチ最短距離のバス停)。

このバス停は、最初にご説明した “橋を渡った直後のバス停”(カイルア+ハマクア)の4つ先のバス停になります。

ちなみに、57A番のバスを利用される場合は、一つ手前のバス停「Kailua Rd + Hahani St」で下車すると、徒歩での最短距離になります(徒歩 約25分、2km)。

なお、「Kailua Rd + Aoloa St」(カイルア・ロード+アオロア・ストリート)のバス停から「ラニかい・ビーチ」まで徒歩で行くと、35~40分もかかってしまうため、おすすめできません。ラニカイへ行く場合は、前述の70番のバスに乗るか、レンタサイクルを利用されることをおすすめします。

ラニカイビーチは小道を通って行く

70番バスで ラニカイ・ビーチ まで行く場合、バス停は「モクルア・ドライブ」(Mokulua Drive)という道路沿いにあります( Mokulua Dr + Opp Haokea Dr か Mokulua Dr + Opp Kaelepulu Dr のバス停)。

そこで下車したら、あとはビーチへ行く小道のいずれかを通り抜れば、ラニカイ・ビーチ に到着します(モクルア・ドライブは、住宅を挟んでラニカイビーチと並行に走る一方通行の道路です)。

ビーチへ行く小道は 11本 あります。「Ocean Access 5」を通る人が多いようですが、4、6、7、8、9、11など、通れそうな道ならどこの小道でもOKです。