ダイヤモンドヘッドで登山&ハイキング

オアフ島の観光情報

本ページ(2ページ目)では、「登山ルートの解説&コツ」「入園料&開園時間」「服装&準備」などについて解説しました(1ページへ戻る / 3ページへ進む)。

登山口からの道のり

登山口(入口)には 切符売り場がありますので、こちらで入園料を支払います。登山口をすぐ入ったところに、トイレビジターセンター(案内所)、売店があります。トイレは、この先にありませんので、念のため済ませておくといいですね。

登山口から頂上までの登山道(正式名称=ダイヤモンドヘッド・サミット・トレイル)は、距離が 1.3km で、高低差が 171m になります(標高は 232m)。途中、登り坂、狭い&歩きづらい歩道、階段などもありますので、大人が普通に歩くと 片道 30~45分 程度 かかります(ルートは下の Googleマップ 参照)。道中や山道の景色を満喫する時間も含めますと、1時間~1時間半程度で往復できます。

頂上に到着!

頂上に立つと、西側にはワイキキ/ホノルルの市街地や海岸線が見渡せ、東側にはカハラ地区の街並み&青い海、天気が良ければハワイカイ地区の丘陵地も一望できます。また北側には、コオラウ山脈の穏やかな山並みを見ることができます。

私見ですが、登頂後の景色を 「写真やテレビなどで見る」のと、「現地の空気を吸いながら実際に見る」のとでは、全然印象が異なっていました。太陽光線が肌を刺激しつつも、海風がその刺激や熱を持ち去ってくれ、潮風が鼻腔をくすぐり、風の音と観光客の声が耳元を通り抜ける、といった感じでした。

つまり、実際に登ってみると、その 爽快感 や 気持ちよさ を全身で味わうことができます。機会がありましたら、是非訪れてみてください。

ところで、展望台は、眺めが大変良いのですが、結構狭くて混雑していますので、あまり長居できそうもない雰囲気が漂っています。・・・ですが、せっかく来たのですから、遠慮しすぎずに 納得のいくまで滞在したいですね。

入園料・開園時間について

同公園の入園料は、徒歩での来園の場合はひとり 1ドル です。入口に料金所があります。支払い方法は、現金のみです。レンタカーなど、個人の車で入園する場合は、1台につき 5ドル です(車での来園の場合、乗車人数にかかわらず “徒歩の入園料” は不要)。

開園時間は、午前6:00~午後6:00です。ただし、最終入園午後4:30となっています。午後6時にはゲートが閉まりますので、必ずそれまでに退園しないといけません。

持ち物や服装・靴について

登山道の道中や頂上では、飲食物は販売されていませんので、「ホテル出発時」もしくは「登山道入口の売店(ビジターセンター 兼 売店)」で 事前に「水などの飲み物」を買っておくようにしましょう。

また、近くに停まっているフード・トラック(移動販売車)で スムージーやかき氷、ジュース、水などを販売しています。

登山道(トレイル)は、はじめの方は なだらかな散策路 ですが、頂上に近づくにつれて やや険しくなってきます。また、急な階段を数カ所 登らなければいけないので、思いのほか足に負担がかかります。ビーチサンダルなどの軽装で行くと、足を痛めたり、鼻緒が切れたりすることがありますので、「滑り止め機能の付いた、足に負担のかからない靴」を履いていくようにしましょう。

道中は日影になっているポイントがあまりないので、日焼け必至です。日焼け止めクリームを塗るなどの対策をしておくようにしましょう。

できれば、(少し暑いのですが)薄手&襟付きの長袖シャツを着たり、帽子をかぶった方が、日焼けで真っ赤にならずに済みます。クリームの塗布量も抑えられますね。